絽と紗

「絽(ろ)」、「紗(しゃ)」とは夏の着物や僧侶の衣として用いられる生地の名前です。着物では、主に7月8月の盛夏を中心に、6月から9月ごろまで着るものとされています。
ここでは絽と紗がどのような織物か、どのような特徴があるのかを知って頂きたいと思っています。


-ro- 夏の正装着にも使われる、夏物生地の王道。
絽
紗の変形で生まれた織り方で、紗より歴史は浅いとされています。
奇数のよこ糸ごとにたて糸をよじって織り定期的に隙間をあらわしたものです。
途中に平織りが入るため、紗よりも透ける部分が少なくなります。
紗は友禅模様などの精緻な柄を美しく染めるのがむずかしく、絽が留袖、訪問着、付下げ、小紋といった正装にも使われる夏の定番になったとされます。
着物では紋を入れるなどフォーマルの席に多く用いられ、絽目の整然さが凛とした美しさをうみます。


-sha- 透明感と清涼感に溢れる。
「紗が、かかったような」という表現にあるように透き通った織物です。
その起源は平安時代に夏の衣料としてはやったとされます。
着物では、紗袷(2重紗)といい、紗を2枚重ねたり、他の生地と2重にするなど、下の柄を上の無地の紗から透かせて、生地と生地の触れ合いや陰影を楽しむ洒落着として用いられる事が多く、カジュアルからセミフォーマルまで幅広く用いられています。


織り方
絽と紗は、「からみ織(もじり織とも言います)」で織ります。
からみ織は、隣り合うたて糸を、からめながら(クロスする)よこ糸を織り込んでいきます。
たて糸がからんだ部分には、よこ糸がつまらないため透き間になります。
この透き間が風通しをよくし、見た目にも清涼感をうみます。


絽と紗の良いところ
・目が開いている織物のため、風通しがよく涼しい、薄く・軽い。
・見た目にも涼しい 周りの方へも清涼感を与える。
・たて糸を絡めることで、よこ糸を抑え込むので、目ずれしづらい。
・透ける絹の生地が重なり合うことで生まれるモアレ(木目調)が印象的。


絽と紗の現状
絽は紋付やお茶席などフォーマルでも使える素材ですが、限られた期間でしか着ない夏物をお持ちになることは少なくなってきました。
また紗のようなお洒落着も利用期間が短いこともあり一部の愛好家を除いて需要は減りつつあります。
また昨今の浴衣ブームに伴い、着物に関心を持っていただく方が増えるのは非常にうれしい事ですが、浴衣がどんどんカジュアルな着物になり、本来の夏の着物である絽や紗の需要が減りつつあるようです。
その為、生産量は激減しています。